正社員の特徴を把握する

正社員以外の雇用形態とは

現代の社会には様々な雇用形態があります。正社員以外の雇用形態にはどのようなものがあるのでしょうか。まずは、契約社員です。企業側に直接的に雇用されているという点は正社員と変わりませんが、雇用期間が保証されていないという部分が大きな違いです。一回に契約できる期間は最長で三年と決められています。派遣社員の場合は労働契約をしているのは就労先の企業ではなく、派遣会社側と労働契約を結んでいます。また、雇用期間も契約社員より短期的である事が特徴です。パート・アルバイトは企業側と労働契約を結んでいますが、労働時間が短い傾向があります。どの雇用形態も長所と短所があり、自分自身の生活環境に合わせて選ぶことが重要です。

正社員の雇用形態とは

企業側に直接雇用されていて、雇用期間も決められておらず、労働時間は基本的にフルタイムです。各種手当てやボーナス等が多い傾向があり、昇進のチャンスなども、他の雇用形態に比べれば多いです。また、契約社員より年金や健康保険など福利厚生の範囲が広いことも特徴です。それらを鑑みると、他の雇用条件より甲待遇であると言えます。しかし、良い事だけではありません。業種にもよりますが、正社員は常に転勤の可能性がついて回ります。また、長期休暇なども取得しづらい傾向があり、仮に休暇中でも部署によっては、現在携わっているプロジェクトに関する電話が鳴りっぱなしという状況に陥ることもあります。また、部署が変わらない限り同じ人間と一緒に働くことになります。隣の席の社員が自分の苦手なタイプであっても、ずっと付き合っていかなければならない場合もあります。また、多くの企業が副業を禁止している傾向があるので注意が必要です。

© Copyright Look For Jobs. All Rights Reserved.