派遣社員について学ぶ

派遣社員の特徴について知っておく

雇用形態には、派遣社員がありますが基本的には契約期間が定められた雇用形態です。派遣の求人には契約期間が記載されており、その契約期間が終了するとまた他の職場の求人を探す必要があります。数か月の短期から数年ぐらいの長期契約があり、自分に合った契約期間の求人を選ぶ事が出来ます。基本的に短期が多いので、さまざまな職場を体験したい人や学生で夏休みだけ働きたい人にとっておすすめの契約方法です。しかし、契約期間終了後に正社員として働く事が出来る場合もあります。

それが紹介予定派遣であり、派遣期間が終了後に直接雇用が出来る制度です。もちろん、派遣期間中に働いている会社からの評価が低い場合はいくら紹介派遣として働いていても直接雇用出来ないこともあるのでその点は注意します。

派遣会社と契約する事になる

派遣社員は、派遣会社と雇用契約する事になるのでその点がアルバイトや正社員と違う所です。つまり、派遣の求人を見つけた場合は直接求人先の会社に採用試験を受けたいという連絡をする事が出来ないです。求人に応募するためには、まずは派遣会社に登録をする必要があり、自分が見つけた求人を管理している派遣会社に登録をしたい趣旨を伝えます。すると、派遣会社から登録日時などを教えてくれるので、履歴書や職務経歴書を持って指定された日時に派遣会社の担当者と面談します。

面談では、派遣会社の担当者からどのような職業で働きたいのか、希望条件などを聞かれる事が多いです。また、自分が持っているスキルや今までの経験についても聞かれる事も多く、なるべく面談でアピールする事が大事です。

© Copyright Look For Jobs. All Rights Reserved.