契約社員とは何か

契約社員の雇用期間の定め

仕事を探す際は、雇用形態の種類を知っておくことで自分自身に合った働き方が見つけやすくなります。様々な雇用形態がある中でも、正社員と契約社員の違いが曖昧だという人は少なくないと思います。まず始めに正社員と契約社員の異なる点として、雇用期間の違いが挙げられます。正社員は解雇や自ら退職を申し出るなど特別な事情がない限り働き続けることができますが、契約社員は雇用期間に定めがあるのが一般的です。契約社員は半年や一年ごとに契約を更新する必要があり雇用期間は法律で最長3年という定められています。雇用期間は決められていますが勤務時間は会社との交渉次第で自由度が高いというメリットがあります。そのため時間に束縛されたくない人や様々な仕事に挑戦したいという人は、あえて正社員ではなく契約社員を選ぶというのも一つの選択肢です。

契約社員の給与の決まり方

正社員として働くか契約社員として働くか迷っている時は、給与体系の違いを理解しておくことも大切になります。正社員は月給で給与が決まっているのに対し、契約社員の給与は企業により時給・日給・月給と様々です。時給や日給の場合は働く時間によって給与は変わり頑張って働いた分だけ稼ぐことができますが、お盆や正月などの長期休暇により給与が安定しない時期もあるという点を理解しておく必要があります。また契約社員の場合は賞与が支給されないという企業も多いので、契約内容に賞与が入っているかしっかり確認しておくことも大事です。

給与面においては契約社員より正社員の方が優遇される傾向にありますが、どちらの働き方が自分に合っているのか様々な観点から総合的に判断することが大切です。

© Copyright Look For Jobs. All Rights Reserved.